記憶力と調べる事に関して

記憶力と調べる事に関して

記憶力って本当に必要なスキルなのか?

IT時代となった今「わからない事があればスマホで調べれば良い」と当たり前に言われるようになってきています。

ネットなんかでも「ググる」という言葉が出来て久しいですよね。

実はこうした調べる事というのは教育の現場においてもIT技術を駆使して“調べる力”を向上させる事に注力されているのです。

しかしそれと同時に懸念されているのが人間が次第に頭を使わなくなってきているのではないかという事。

ここでは、記憶術とそれに対する調べる力という事についてすこし考えてみようかと思います。

魔法のアニメ!?世界初の記憶術
吉野式記憶術2.0公式で無料体験!

スマホで記憶不要?

実は既に「デジタルデバイスに頼る事で昔に比べて記憶しなくなった」というとある会社の調査結果があります。

スマホの機能が充実している為に、現代人は自分のスマートフォンに自分の記憶を肩代わりしてもらうというような傾向がみられているというのです。

これは、わからくもない事ですし、今の時代はパソコンやスマートフォン、タブレットを使いこなすという力も必要な事ですよね。

しかしそうした力が発達するのと同時に、脳は記憶するという力を失ってしまうという結果にも繋がっているという事です。

こういうネットやデバイスを利用するというのはもちろん便利な事でありますが、それに頼り過ぎずに、上手く共存するという事が大切なのかもしれませんね。

デジタル健忘症とは

こうしたデジタルデバイスの発達によって問題になっているのがデジタル健忘症というもの。

ちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、これは例えば自分で調べた情報であってもスマホやタブレットなどのデジタルデバイスに情報を保存した事で満足し、安心してしまい、記憶にとどめておくという事をせずに忘れてしまう現象の事を言うようです。

やはり記憶力は必要な能力

これからの時代は、情報を管理してくれる技術がますます生活に密着するようになり、簡単に誰でもその恩恵に預かる事が出来るようになっていきます。

しかしその事が“記憶力”という能力を失わせていく結果に繋がってしまうという事もまた事実として存在します。

これは今後、「記憶を必要とされる場面でその力を発揮する事が出来なくなる」という事に繋がってきてしまいます。

そういう時代になるんだから記憶力は必要ないという事はあり得ません。

つまりは、こうしたIT技術が進歩している時代だからこそ、人々は自ら記憶力を高める為に努力しなければいけないとも言えるのではないかと思います。

魔法のアニメ!?世界初の記憶術
吉野式記憶術2.0公式で無料体験!
TOPページを見る