怪しいと思われがちな記憶術

怪しいと思われがちな記憶術

正直言って「記憶術」っていう言葉はなんだか胡散臭くて怪しいと感じる事はありませんか?

実際に記憶術に対して「怪しいもの」という印象を抱いている人は多数存在します。

少なからず、私自身もその中の一人だったと思うので、否定できません。

でもその根拠は何だろうと思っても、特に明確な根拠を示す事が出来ないのもまた事実ではないでしょうか。

先入観によって、今後のチャンスを逃してしまう事の無いように、ここでは記憶術の歴史や魅力について調べてみた事をお伝えしたいと思います。

魔法のアニメ!?世界初の記憶術
吉野式記憶術2.0公式で無料体験!

実は長い記憶術の歴史

記憶術は何もここ数年、数十年で開発されたものというわけではないようです。

私が調べた限りでは、2500年の古代ギリシア時代からあると言われていて、「シモニデス」という人物が記憶術の開祖だと言われているようです。

過去には吟遊詩人という、昔の情報を記録する手段、記録した情報を伝達する手段として存在していました。

今でも使われているような記憶術の技法というのも、過去に存在した記憶術を応用しているものと言われているようです。

なぜ記憶術は怪しいと言われる理由

長い歴史の中にある記憶術というものがどうして「怪しい」という印象に繋がっているのか。

その理由としては、私たちの身近に記憶術を体験している人があまりいないという事に起因しているとも言われているようです。

理由としてはわからなくもない事ではありますが、思い込みとしてイメージが先行しているというのが実際の所かもしれませんね。

実際に体験する事で気づくもの

吉野邦昭先生の講義を受けてみればわかると思いますし、様々な口コミなどを参考にしてみても、決して記憶術が怪しいものというわけではないと思います。

事実や結果を確かめずに、自分の思い込みや決めつけによって「記憶術は怪しいもの」という印象を抱き、せっかくのチャンスを逃してしまうというのは非常にもったいない事だと思います。

まだ記憶術というものに対して「怪しい」というイメージを捨てきれない人もいるかもしれません。

もしかしたら、世の中に存在する記憶術と言われているものの中には、実際に怪しいと言わざるを得ないものも存在しているかもしれません。

しかし、私自身が身をもって体験した吉野式記憶術2.0はそういった怪しいものではなく、しっかりと成果の出るものであるという事は、私が証明します。

どうか勝手に先行したイメージでせっかくつかめるチャンスを逃す事のないようにして頂ければと思います。

魔法のアニメ!?世界初の記憶術
吉野式記憶術2.0公式で無料体験!
TOPページを見る